規格住宅とは?おすすめポイントなどメリット・デメリットについて解説!
公開日:2023/04/26

こだわり条件で検索
エリア
家こだわりポイント
会社の特徴
規格住宅

「快適な住まいを手軽に実現する方法はある?」と思っている方に向け、本記事では「規格住宅」についてご紹介します。リーズナブルな価格で、短期間に完成するのが魅力の規格住宅。そのメリット・デメリットをしっかりと把握し、自分に合った住まい選びをしましょう!理想の住まいづくりについて悩んでいる方、必見の記事です。

規格住宅とは?注文住宅との違いや特徴

ここでは、規格住宅の特徴や似た言葉である注文住宅との違いについてまとめます。

規格住宅の特徴

「規格住宅」とは、建築会社やハウスメーカーによってあらかじめ決められたデザインや間取りをもとに建てられる住宅のことです。施主はメーカーが用意した選択肢の中から自分の好きなデザインや間取りを選びます。このデザインや間取りをもとに、壁や床、キッチンやバスルームなどの内装を決めます。

外壁や屋根の材質、窓やドアの種類、設備のオプションなども選択できるため、建売住宅よりも選択肢が多いといえます。しかし、規格にないものについては対応できないことが多いです。

注文住宅との違い

注文住宅には建築に関するすべてのことをメーカーと相談しながら決めるフルオーダー住宅と特定の設備や仕様を選択するセミオーダー住宅、選択の度合いがあまりない規格住宅にわけられます。

すでに建てられている住宅を購入する建売住宅に比べると自由度はあるものの、フルオーダー住宅やセミオーダー住宅ほど自由度がないといえます。

規格住宅のメリット・デメリット

規格住宅にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。それぞれについてみてみましょう。

メリット

規格住宅のメリットは、価格が安く工期も短く、完成イメージのギャップが少ないことなどです。コストを安くできる理由は、規格化・大量生産された資材を利用して建築できるからで、工期も短縮できます。事前に決まった選択肢から選ぶため、住環境のイメージがしやすいというメリットもあります。

そのため、完成した後に「思っていたのと違う」といった違和感を抱きにくいのです。決まったプランで住宅建設が進むため、想定外の事態が起きにくく、資金計画が立てやすいというメリットがあります。

つまり、規格住宅はフルオーダー住宅やセミオーダー住宅に比べると自由度は低いものの、コストパフォーマンスに優れ、品質が安定しているというメリットがあるのです。

デメリット

規格住宅のデメリットは、自由度が低いことと複雑な地形や条件が特殊な土地に建てられないことです。基本仕様が決まっているため、独創的なデザインにすることは難しく、大幅な変更はできません。そのため、施主のこだわりを反映する余地が限定されます。

また、特殊な条件の土地では、設計自体が困難である場合があるので、あらかじめメーカーに確認する必要があります。

規格住宅は価格や納期などが魅力!でも注意すべきポイントもある

規格住宅は自由度が低いものの、価格面や納期面でほかの注文住宅より優れていることがわかりました。しかし、規格住宅には注意すべきポイントもあるので、確認しましょう。1点目はメーカーごとの性能が違うことです。規格住宅のコンセプトはハウスメーカーごとで異なっています。

購入を決定する前に、それぞれの規格住宅のコンセプトやスペックを確認し、購入者が望む機能が備わっているか事前に確認しておきましょう。2点目は間取りや設備の変更で住宅の性能が変わってしまうことです。

規格住宅は間取りや取り付ける住宅設備の変更が可能です。だからといって、用意されている規格よりも大幅変更をしてしまうと、耐震性・断熱性などに悪影響が出る恐れがあります。もし、大幅な変更が必要と感じたら規格住宅ではなく、フルオーダー住宅・セミオーダー住宅を選択したほうがよいでしょう。

初めての住宅購入におすすめの規格住宅!どんな人に向いている?

規格住宅に向いているのは以下のようなタイプの人です。

・コストを抑えたい人

・住宅建設に時間をかけられない人

・建築に詳しくない人

・ものごとを決めるのが苦手な人

規格住宅最大のメリットは、低価格・高品質の住宅を手に入れられることです。自由度は少なくてもいいから、予算を少しでも抑えたいという人は規格住宅に向いています。仕事が忙しく、住宅建設にあまり時間をかけられない人も規格住宅に向いています。

建築に詳しくない人も規格住宅が向いています。住宅の専門家であるハウスメーカーや工務店に任せておけるので、余計な手間がかかりません。また、ものごとを決めるのが苦手な人も規格住宅に向いています。選択肢が少ないため、決断することが少なくて済むからです。

まとめ

今回は規格住宅のおすすめポイントやメリット・デメリット、規格住宅の魅力、どんな人に向いているかなどについてまとめました。あらかじめ内容が決まっているため、自由にすべてを決めたい人には不向きですが、低コストで高品質・快適な住宅を手に入れたいのであれば、規格住宅は有力な選択肢となります。

自分たちのニーズを考え、規格住宅で充分満たせるのであれば、そちらを選択してリーズナブルな住宅を手に入れたほうがよいでしょう。

【京都】おすすめの注文住宅メーカー比較表

イメージ
メーカー名グランレブリーアーキホーム一条工務店ゼロホームgarDEN清栄コーポレーションデザオ建設
特徴注文住宅をもっと身近に。セミオーダーでコストを抑えた質の高い住まいづくり大阪・兵庫・京都で基本性能に優れたローコスト住宅を提供するハウスメーカー自社オリジナルの住宅設備を使って「ハイスペック住宅」を納得価格で提供高い施工技術とアフターメンテナンスで「100年住宅」を謳った長期優良住宅を実現京都の気候に合わせた、高耐震・高断熱に優れた長期優良住宅に標準対応した家づくり美しさに加え使い勝手の良さやメンテナンス、防犯性に優れたデザインを提案デザイン性に加え安全性や環境面にも配慮した注文住宅
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら