注文住宅オーダーは2種類!フルオーダーとセミオーダーのメリットとは
公開日:2023/04/26

こだわり条件で検索
エリア
家こだわりポイント
会社の特徴
住宅

理想の家を手軽に建てるには注文住宅がおすすめ!といわれても、フルオーダーとセミオーダー、どちらが自分に合っているのかわからないという方もいるのではないでしょうか。本記事ではそれぞれのメリット・デメリット、選ぶときの基準について解説します。自分にぴったりの住まい探しの参考にしてください!

注文住宅を建てるならフルオーダー?メリット・デメリットを比較

フルオーダー住宅とは、文字通り、施主が住宅建設に関わるすべてのことを指定する住宅のことです。自分の思い通りの家が建てられる反面、施主自身もかなりの建築知識を持っていなければなりません。

フルオーダー住宅のメリット

フルオーダー住宅のメリットは、個性的なデザインを実現でき、自分たちのライフスタイルに合わせた最新の設備を導入できることです。間取りや外観、設備など、あらゆる構成要素において自由に決めることができるため、施主は理想的な家を実現できます。

予算が多ければ納得がいくまでこだわることができ、逆に予算を抑えたい場合は不要な部分を削減するといったことも可能です。

フルオーダー住宅のデメリット

デメリットとしては、一般的な住宅に比べて費用が高くなり、施工期間も長くなる場合がある点が挙げられます。また、建築材料や設備にこだわることで、予算オーバーになる可能性があるということです。

とくに、施工会社と提携していないメーカーの建材や設備を使う場合、その分だけコストがかかってしまうため、予算オーバーにつながってしまうのです。また、オリジナルな家づくりにこだわりすぎて設計が複雑になってしまい、工期が予想以上にかかることもあります。

費用を抑えるならセミオーダー?メリット・デメリットを比較

セミオーダー住宅は、基本的な仕様は決まっているものの、ある程度、施主の希望を反映させられるタイプの住宅です。フルオーダー住宅と、すでに建築済みの建売住宅の中間と考えるとわかりやすいでしょう。

セミオーダー住宅のメリット

セミオーダー住宅は、ある程度仕様が決まっているため、建築コストを抑えることができるというメリットがあります。自由度はフルオーダー住宅より低いですが、建売住宅に比べると選択肢が多いです。提案された複数のデザインや設備から選ぶことができ、初めて家づくりをする人にも適しています。

基本仕様が規格化されているため、工期が短く収まりやすく、入居のタイミングが決まっている人にも適しています。また、すべてを自分で決めることに比べると建築知識が必要ないので、その点でもはじめて家を買う人に適しているといえます。

セミオーダー住宅のデメリット

セミオーダー住宅のデメリットとして、ある程度コストがかかる点と土地によっては建てられない点が挙げられます。住宅のデザインや間取りを完全に自由に決められるわけではなく、限られた選択肢から選ばなければならないため、ある程度、妥協しなければなりません。

また、ハウスメーカーの段階では選択肢が多くても、施工会社によってはできる選択肢が少ないことがあるため、選択肢の幅には注意が必要です。

セミオーダー住宅で決められる範囲

セミオーダー住宅で決められる範囲はどの程度なのでしょうか。間取りや水回りについては、選択できるメーカーが多いようです。外壁や内装の色、床材の種類も自由に決められる可能性があります。

あらかじめ用意されているパターンの中から選びますので、それ以外のものは基本的にできないと考えるとよいでしょう。自由にすべてを決めたいと考えているのであれば、コスト面で割高になってもフルオーダー住宅にした方がよいといえます。

フルオーダーかセミオーダーかを選ぶときのポイントとは

フルオーダー住宅かセミオーダー住宅かを選ぶ際に考慮すべきポイントは以下の3点です。

・予算

・自由度

・工期

予算を多くとれるのであれば、フルオーダー住宅がおすすめです。間取りから水回り、壁材・床材など住宅に関するすべての要素を自分で決めることができるからです。一方、予算が限られているならば、セミオーダー住宅がおすすめです。

建売住宅よりも高くなりますが、フルオーダー住宅よりも安くできるからです。自由度を重視するならフルオーダー住宅に軍配が上がります。セミオーダー住宅では自分たちの希望を100%かなえることはできないからです。

自分たちにとって、どのような設備が必要なのか、その設備はセミオーダー住宅では難しいものなのか、検討しなければなりません。工期を重視するならセミオーダー住宅がおすすめです。基本仕様が規格化されているため、工期が短く収まりやすいからです。

入居のタイミングやスケジュールに合わせることができるでしょう。

まとめ

今回は注文住宅の2種類のオーダーを取り上げました。すべての要素を自分で決めるという点でフルオーダー住宅はとても魅力的です。しかし、コストの問題や建築知識の問題があるため、初心者には勧めにくいのも確かです。

それならば、住宅にあまり詳しくないのであれば、建売住宅よりも自分の意思を反映させられ、コスト面でリーズナブルなセミオーダー住宅がおすすめです。

【京都】おすすめの注文住宅メーカー比較表

イメージ
メーカー名グランレブリーアーキホーム一条工務店ゼロホームgarDEN清栄コーポレーションデザオ建設
特徴注文住宅をもっと身近に。セミオーダーでコストを抑えた質の高い住まいづくり大阪・兵庫・京都で基本性能に優れたローコスト住宅を提供するハウスメーカー自社オリジナルの住宅設備を使って「ハイスペック住宅」を納得価格で提供高い施工技術とアフターメンテナンスで「100年住宅」を謳った長期優良住宅を実現京都の気候に合わせた、高耐震・高断熱に優れた長期優良住宅に標準対応した家づくり美しさに加え使い勝手の良さやメンテナンス、防犯性に優れたデザインを提案デザイン性に加え安全性や環境面にも配慮した注文住宅
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら