注文住宅で理想のキッチンを実現するには?種類と選び方を解説!
公開日:2024/06/15 最終更新日:2024/06/05

こだわり条件で検索
エリア
家こだわりポイント
会社の特徴
理想のキッチン

注文住宅でキッチンを選ぶとき、どのようなポイントを確認すべきか悩む方は多いでしょう。キッチンは家の中でも使用頻度が高く、機能性とデザインのバランスが求められる場所です。この記事では、注文住宅のキッチンを選ぶための重要なポイントや種類について詳しく解説していきます。

注文住宅のキッチンの間取りの選び方

注文住宅のキッチンの間取りを決める際には「オープンキッチン」「クローズドキッチン」「セミオープンキッチン」の3つのスタイルがあります。それぞれの特徴を理解することで、理想のキッチンを実現するための第一歩を踏み出すことができます。

オープンキッチン

オープンキッチンは、キッチンとリビング・ダイニングの間に壁がない開放的な間取りです。家族とのコミュニケーションが取りやすく、視覚的な広がりを感じることができるため、現代の多くの家庭で人気があります。一方で、調理中の匂いや音がリビングに広がる可能性があるため、換気設備や音の対策も重要です。

クローズドキッチン

クローズドキッチンは、キッチンが壁やドアでリビング・ダイニングと分かれている独立した間取りです。調理に集中できる環境が整い、調理中の匂いや音が他の部屋に広がりにくいというメリットがあります。ただし、リビングとの一体感が少ないため、家族とのコミュニケーションが取りにくいと感じる場合もあります。

セミオープンキッチン

セミオープンキッチンは、オープンキッチンとクローズドキッチンの両方の良さを取り入れた間取りです。リビングやダイニングとの一体感を保ちながらも、キッチン全体が丸見えにならないように配置されているため、見た目のスッキリ感を保てるのが魅力です。

例えば、半透明のパーティションやカウンターを設置することで、調理中の様子を隠しながらも家族とのコミュニケーションを取りやすい環境を作ることができます。

キッチンのレイアウトを考える

間取りを決めた後は、キッチンのレイアウトについて考えることが重要です。使い勝手の良いキッチンを実現するためには、レイアウトの選択が大きなポイントとなります。

アイランドキッチン

アイランドキッチンは、キッチンの四方が壁に接しておらず、島のように独立したレイアウトのことです。オープンキッチンでよく用いられる対面レイアウトで、開放感があり、ダイニングとキッチンの一体感を強調できます。ただし、広いスペースが必要となるため、キッチンの面積を確保することが重要です。

ペニンシュラキッチン

ペニンシュラキッチンは、キッチンの左右のどちらかが壁に接しているレイアウトです。対面レイアウトでありながら、アイランドキッチンほどスペースを必要としないため、比較的小さなキッチンにも導入しやすいのが特徴です。

セミオープンキッチンでよく採用されるレイアウトで、見た目のスッキリ感と収納力のバランスが取れたキッチンを実現できます。

I型キッチン

I型キッチンは、調理台とシンクが一列に並んだオーソドックスなレイアウトです。設置スペースが少なくて済み、比較的リーズナブルに導入できるため、多くの家庭で採用されています。

シンプルなデザインでありながら、使い勝手が良く、調理の動線もスムーズです。特に限られたスペースの中で効率的にキッチンを配置したい場合におすすめです。

キッチンのサイズ・デザインを決める

キッチンの種類やレイアウトが決まったら、次は具体的なサイズやオプションを決めていきましょう。サイズやオプションの選び方次第で、キッチンの使い勝手が大きく変わります。

キッチンのサイズを考える

キッチンのサイズ選びでは、「間口(幅)」「奥行き」「高さ」を考慮することが重要です。一般的なシステムキッチンの間口は2,100mm、2,400mm、2,550mmが標準的なサイズです。

奥行きは600mm~700mmが一般的ですが、カウンター付きのタイプは850mm~900mmと広めになります。ワークトップの高さは、身長÷2+5cmが適切と言われており、自分の身長に合わせた高さを選ぶことで、身体への負担を軽減できます

ワークトップの素材を選ぶ

キッチンのワークトップの素材は、見た目だけでなく機能性にも大きく影響します。ステンレスは耐久性が高く、清潔感があり、お手入れが簡単です。

一方、人工大理石は高級感があり、さまざまなデザインが選べるため、キッチンの雰囲気をおしゃれに演出できます。素材の違いによるメリットとデメリットを理解し、自分のライフスタイルに合ったワークトップを選びましょう。

キッチンの色を決める

キッチンの色選びも重要なポイントです。キッチンの色は空間全体の雰囲気を左右します。明るい色を選ぶと、キッチンが広く感じられ、清潔感がアップします。

一方、ダークな色を選ぶと、落ち着いた雰囲気が出て、高級感を演出できます。ワークトップの素材や周囲のインテリアとのバランスを考えながら、理想のキッチンカラーを決定しましょう。

まとめ

注文住宅で理想のキッチンを実現するためには、間取り、レイアウト、種類、サイズ、オプションの選び方が重要です。自分のライフスタイルや家族のニーズに合わせて、しっかりと検討することで、後悔のないキッチンを作ることができます。収納スペースやシンクの深さ、コンロや換気設備、動線など、細部にわたるまでこだわりを持つことで、快適で機能的なキッチンを手に入れることができるでしょう。しっかりと情報収集を行い、自分にとって最適なキッチンを選びましょう。

【京都】おすすめの注文住宅メーカー比較表

イメージ
メーカー名グランレブリーアーキホームライフ一条工務店ゼロホームgarDEN清栄コーポレーションデザオ建設
特徴建築まで自社完結の為、業者間でのマージンが発生せず価格以上の"価値ある家づくり”ができる大阪・兵庫・京都で基本性能に優れた住宅を提供するハウスメーカー自社オリジナルの住宅設備を使って「ハイスペック住宅」を納得価格で提供高い施工技術とアフターメンテナンスで「100年住宅」を謳った長期優良住宅を実現京都特有の夏の蒸し暑さと、底冷えする冬の寒さをパッシブデザインによって補っている美しさに加え使い勝手の良さやメンテナンス、防犯性に優れたデザインを提案デザイン性に加え安全性や環境面にも配慮した注文住宅
口コミ・評判口コミ・評判を見る口コミ・評判を見る口コミ・評判を見る口コミ・評判を見る口コミ・評判を見る口コミ・評判を見る口コミ・評判を見る
公式サイト公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ